コラム

【ご紹介】信州大学 地域プロゼミ「中山間地域の未来学」が2021年日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞!

2021.04.22

UDC信州のアドバイザー・新雄太氏(東京大学特任助教)が信州大学 地域戦略プロフェッショナル・ゼミ(通称:プロゼミ 2014-2017年度)の「中山間地域の未来学」で2021年日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞しました!
▼日本建築学会webサイト 2021年各受賞者
https://www.aij.or.jp/2021/2021prize.html

※写真提供:新雄太氏

今回受賞をされた新氏は、プロゼミの全体統括と講座設計をされていました。そのほかUDC信州の構成員でもある林副センター長はプロゼミの企画、倉根コーディネーターは外部講師、佐久間は事務局スタッフ&受講生として携わっていました!

このプロゼミが面白くて事務局スタッフからそのまま受講生になった私にとって、地域の楽しみ方を教えてもらっただけでなく、人とのつながりができた大きなきっかけでもありました。現在プロゼミ修了生が参画いただいているUDC信州のプロジェクトもあったりして、講座の内容だけでなく、修了生がつながり派生した部分も含めて評価され受賞につながったということでとても嬉しいです!

また、全コースをまとめた書籍「明日の地域をみつける」もありますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。(UDC信州オフィスにもありますよ♪)

この記事に関連するタグ

With us