コラム

令和3年度 官民連携まちなか再生推進事業(国土交通省事業)に3事業が採択されました!

2021.04.02

国土交通省が公募していた「官民連携まちなか再生推進事業」に、UDC信州がサポートに入っている、諏訪市、小諸市、大町市の3事業を応募していましたが、無事3事業とも採択されました!!
各市役所や関連団体、関係者がこれまでに実施してきた活動も評価の対象でしたので、それらが評価され採択されたことが何よりも嬉しいです。

以下、3事業のエリアと事業概要を転記します。
その他、全国の採択状況や事業の概要は国土交通省のプレスリリースをご覧ください。千葉県柏市、京都府宇治市、埼玉県大宮区など、UDCが関係している箇所も採択されているようなので、情報共有を図りながら進めていきます!
https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi05_hh_000338.html

●諏訪市
エリア:上諏訪駅周辺地区
概要:市民の動きと公共の動きを連動させながら、歩いて楽しく暮らせるウォーカブルな市街地形成、市民と来街者の交流促進等を図り、「人々が出会い、憩い、楽しめ、かつ安心して住み続けることのできるまちづくり」を目指し、未来ビジョン等の新規策定に向けたエリアプラットフォームの構築を行う。

●小諸市
エリア:(仮称)小諸市官民連携まちなか再生推進エリア
概要:新たな交通サービスを踏まえた交通結節点機能の強化、空き店舗等を活用した若者等の交流の場やものづくりの場の創出、人中心としたウォーカブルな駅前空間の創出など、健康と笑顔の歩いて暮らせる中心機能の形成を目指し、エリアプラットフォームの構築及び未来ビジョン等の新規策定に向けた検討を行う。

●大町市
エリア:中心市街地エリア
概要:民間活力の源になっている「人」の個性を出しつつ、自然を中心とした地域資源を最大限に活かす地域を目指し、未来ビジョン等の策定に向けたエリアプラットフォームの構築及び未来ビジョン等の新規策定を行う。

この記事に関連するタグ