その他

2021年9月16日

【終了しました】10/7 信州地域デザインセンター(UDC信州)シンポジウム2021「これからの信州における“まち”と“駅”のあり方」

信州地域デザインセンター(UDC 信州)は、設立から3年目を迎え、これまでに県内各地で様々なまちづくり活動を支援してきました。
本シンポジウムでは、UDC 信州の活動報告を行うとともに、活動を通じて直面した地域課題を踏まえたテーマ「これからの信州における“まち”と“駅”のあり方」について議論します。



日時|
2021(令和3)年 10月7日(木) 15:00-17:00

内容|
開会挨拶(出口 敦 UDC信州 センター長)
ビデオメッセージ(阿部 守一 長野県知事)
UDC信州活動報告
基調講演 中村 文彦 氏(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 特任教授)
 「これからの地方都市がめざす駅周辺市街地のあり方とは(仮)」
ディスカッション「これからの信州における“まち”と“駅”のあり方とは」
  ファシリテーター:出口 敦 センター長
  パネリスト:中村 文彦 氏(同上)
        山下 裕子 氏(広場ニスト/ひと・ネットワーククリエイター/UDC信州アドバイザー)
        柳沢 文弘 氏(佐久市 建設部長)
        篠原 尚一 氏(茅野市 都市建設部長)
閉会挨拶(三牧 浩也 UDC信州 副センター長)

参加方法|
Youtube LIVE配信※申込後URLをお知らせいたします。

申込方法|
peatixにて申込受付(参加費無料・10/6 24:00締め切り)
https://udcshinshu-symposium2021.peatix.com



基調講演およびパネリスト|

中村文彦 氏(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 特任教授)
1962年新潟市生まれ
1985年東京大学工学部都市工学科卒業
1989年東京大学工学部助手
1992年アジア工科大学院助教授(在タイ)
1995年横浜国立大学助教授
2004年横浜国立大学教授
2021年東京大学特任教授 現在に至る
国土交通省交通政策審議会委員
国土交通省社会資本整備審議会臨時委員、
国土交通省地域交通グリーン化事業選定委員会委員長
同関東運輸局地域公共交通確保維持改善事業第三者評価委員会委員長
横浜市交通政策推進協会会長等を歴任
経済産業省スマートモビリティチャレンジ推進協議会委員一般社団法人JCoMaaS(ジェイコマース、MaaS推進のための産官学中立組織)代表理事
学会活動としては、交通工学研究会理事、日本交通政策研究会理事等
専門は、都市交通計画、公共交通計画
主な著書に、「都市交通計画」(共著)、「バスでまちづくり」(単著)、「都市交通のモビリティ・デザイン」(単著)
現在もカーアンドドライバー他に連載記事を定期的に執筆中。

パネリスト|

山下裕子 氏(広場ニスト/ひと・ネットワーククリエイター/UDC信州 アドバイザー)
2007年よりグランドプラザ運営事務所勤務。2009年(財) 地域活性化センター第21期全国地域リーダー養成塾修了。201 1年よりNPO法人GPネットワーク理事。2013年より全国ま ちなか広場研究会理事。2016年よりまちなか広場研究所として 活動開始。八戸・酒田・豊田・神戸・明石・姫路・久留米をはじめ とする地域のまちなか広場づくりに地元の伴走者的立ち位置で活動 を続ける。著書に『にぎわいの場 富山グランドプラザ-稼働率100%の公共空間のつくり方』(学 芸出版社)、『生きた景観マネジメント』(共著・鹿島出版会)、 『コンパクトシティのアーバニズム』(共著・東京大学出版会)

パネリスト|

柳沢 文弘 氏(佐久市 建設部長)
1983年 佐久市役所入庁
主に建設部関係に奉職し、都市計画課長、都市開発室長等を経て2020年より建設部長となる。佐久市内の土地区画整理事業(相生町・花園町・近津・一本柳)等やR141号、佐久医療センター周辺の道路整備等の都市計画や、最近では佐久平駅周辺の市街地整備・開発などの「まちづくり」に携わる。
また、都市計画マスタープランの作成や立地適正化計画策定にも携わる。


パネリスト|

篠原 尚一 氏(茅野市 都市建設部長)
1961年(昭和36年)長野県茅野市生まれ。東海大学工学部卒業後、1985年(昭和60年)に茅野市役所に入庁。
上下水道や道路のライフライン整備や農地の整備、また、組合施工の区画整理事業に携わった。2017年(平成29年)より現職。
現在、JR茅野駅周辺を観光客やビジネスマンや若者などが集まり、楽しみながら滞留して頂ける様な、ローカルでも拠点となる駅周辺のリニューアルを目指し取り組んでいる。

ファシリテーター|

出口 敦 (信州地域デザインセンター長/東京大学 大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻  研究科長・教授)
東京都出身。1990年 東京大学大学院博士課程修了(工学博士)。東京大学助手、九州大 学助教授、同大学教授を経て、2011年より東京大学教授。 2020年6月公益社団法人日本都市計画学会 会長。 専門分野は都市計画学、都市デザイン学。著書に「Society (ソサエティ)5.0  人間中心の超スマート社会」(編著、日本経済新聞出版)、「スト リートデザイン・マネジメント 公共空間を活用する制度・組織・プロセス」(編著、学芸出版社) 、「都市計画の構造転換」(編著、鹿島出版会)など多数。UDC Kセンター長、一般財団法人UDCイニシアチブ代表理事も務める 。

With us